レキオン –Rekion– 

The robots around us are designed by humans to look cute and like a friend. However, these machines are controlled and dominated by humans, like slaves. We chain robots like slaves or dogs or lock them up like birds in a cage. In this work we show the robots behind the design, reconfirming the relationship between humans and machines as artifacts.
In the installation, you will hear the screams of many slaves. The infrared ray camera allows the robots to sense and follow the audience about, showing their blind loyalty. However, ultrasonic speakers relay the robot slave’s motor sound and signal tone, which is like a scream, via the stethoscope. In the performance, slave robots move in sync with their master’s bones and muscles, screaming as they go.
The development of robot and artificial intelligence will lead to robots taking charge of the earth in the future. Machine waste installed around the robots symbolizes the robot remains on the Earth.
私たちの周りにいるロボット達は、アイボやペッパーなど友達のようにかわいく「デザイン」されている。しかし、これらの機械は私たちの命令に制御されて支配されているいわば奴隷のようなものだ。奴隷や犬のように鎖で繋ぎ鳥のように鳥かごに入れて、「デザイン」されて見えなくなっていた縛られて制御されている様を表出させる。無骨な機械そのものの生の姿を見せる事によって、人工物である機械と私たちの関係を再認識させる作品だ。
インスタレーションでは、複数の奴隷ロボットがあげる悲鳴の中を優雅に鑑賞することができる。ロボットは赤外線カメラのセンシングにより、観衆に追従し背を向けず忠誠を示す。しかし、聴診器によって集音された悲鳴のようなモーター音や信号音が観衆の耳に超音波スピーカーによって届けられる。
将来、ロボットおよび人工知能の発達により、人類に代わって地球上での活動はロボットが中心になっていくだろう。ロボットの周りに設置された機械の廃棄物は、地球に取り残されたロボットとその残骸を象徴する。
パフォーマンスでは、一人の主人の骨や筋肉に同期した奴隷ロボット達が共に動き、悲鳴のサンプリングが行われる。