届いたSPAMメールを手書きで書き直し便箋に入れて人に届けるプロジェクト。殆どが男性向けなので、女性の友人に書いてもらった。手書きの文字が少なくなり、botがつくった文章が溢れる中、あたたかみを感じると言われている手書きの手紙に変換したら、あたたかみを感じるのだろうか。英語にする際は、日本独自のナラティブで可笑しな文章を、さらにgoogle翻訳している。誤変換してテクノロジーの歪みの塊のような文章が生まれた。映画「Her」で人間が文章を考えて出力する代筆サービスがあった。しかし実際は、人工知能が文章を考える構図になるだろう。人工知能と人間の違いはなんといっても身体であり、手で書くという行為は人間にしかできない。いつかこの行為が無くなり、大昔のノスタルジーブームとして貴重視され、書く事のできる人間が重宝されるかもしれない。人工知能と人間の関係性を探る試みだ。この作品は、2014年ドイツ2018年トロントで行われたインターネットヤミ市で販売された。

For this project I asked a female friend to rewrite spam email messages with pen and paper. I always look forward to checking my spam mail because of the strangeness of these funny messages created by bots. We wouldn’t suspect they are written by humans. hese days we don’t see hand writing very much. We can find substitutional letter sentence service by human in the movie[Her].But I guess handwritten will be high rarity thing.The difference between human and Ai is heartfelt body moving.When nobody can write letter by hand.They treat it as nostalgia movement.And text will be made by AI.This is research to explore relationship between human and AI. I ended up selling these at the Internet Yami-ichi—Internet black market project in Transmediale Berlin and Toronto.

When we read hand-written it changes our impression of it—these funny narratives written on letters somehow seem heartfelt.